専業主婦 カードローン 消費者金融

専業主婦はどうして消費者金融から借りられなくなったの?

お財布がピンチのときに強い味方になってくれるキャッシングが人気です。
キャッシングの利用にはさまざまな条件がありますが、特に専業主婦の方の利用には少し注意が必要です。
各社が提供しているカードローンのうち、専業主婦が利用できるのは銀行系のカードローンに限られます。
つまり消費者金融や信販会社のような金融機関が提供するカードローンに関しては、専業主婦の借り入れが不可とされているのです。
その理由は総量規制と呼ばれる法律によるものです

 

総量規制について

2010年に実施された貸金業法の改正により、全借り入れ額の合計が年収の1/3以内でなければならないと定められました。
これが総量規制で、消費者の過度な借り入れを防ぐ目的で施行されたものです。
以前は法外な金利や借入れのしすぎによって、返済不能に陥る人が後を絶ちませんでした。
でもこの総量規制により個人向けの融資に歯止めがかかることになったのです。
しかしこれにより、専業主婦は無収入・年収ゼロですから実質的にはお金を借りることができなくなりました。
自身に収入が無ければ返済能力がないとみなされるわけです。
逆にいうと、パートなどで一定の収入がある主婦の方なら、融資額は大きくないにせよ消費者金融などでもカードローンの申し込みは可能です。
家計のやりくりに苦労している専業主婦こそ、キャッシングを利用したいという人は大勢います。

 

専業主婦でも利用できるカードローン

さきほど総量規制の関係で専業主婦の借入れは不可とありましたが、この総量規制には例外があるのです。
それは銀行が提供しているカードローンです。
銀行は総量規制の対象となっている貸金業者にはあてはまらないので、年収などに関係なく融資を申し込むことができます。
専業主婦の方が利用する際には定められた限度額の範囲内で、配偶者に一定の収入があるということが条件となっています。
収入証明書や配偶者の同意書は不要で、困ったときにもスピーディに申し込みができるので便利です。

 

 

リボン

家族に内緒で申し込める専業主婦向けのカーードローン一覧はこちら