専業主婦 カードローン

専業主婦が申し込めるカードローンは?

カードローン

専業主婦がカードローンを申し込む時は注意が必要です。

 

賃金業法が改正され年収の3分の1までしか借りることが出来なくなりました。
収入のない専業主婦は基本的には借りられなくなりましたが、例外として総量規制対象外のカードローンなら借りられます!

 

銀行が母体となって運営しているカードローンなら総量規制の対象外ですので専業主婦でも問題なく融資を受けることができるのです。

 

また、銀行ならではの低い金利設定なので負担が少ない状態で返済することが可能です。
インターネットで申し込みをすれば来店する必要もなく、夫や家族にバレることもないので安心です!

専業主婦おすすめカードローン

レイク

新生銀行カードローン「レイク」は、現在新生銀行が運営をしている銀行カードローンになっています。
レイクの売りは即日融資が基本のスピード対応です。
中でも申込〜融資までを全てインターネットで手続きができるプランが人気で、平日14時までに申込みを終え必要書類を提出・確認ができれば即日融資が受けられます。

 

実質年率 ご融資額 担保・保証人
4.5%〜18.0% 1万円〜500万円 不要(新生フィナンシャル株式会社が保証)

専業主婦カードローンについて

専業主婦が申込できるキャッシングは総量規制対象外の銀行カードローンのみとなっています。
銀行カードローンとは、銀行が運営をしているカードローンのことを指します。
なぜ専業主婦は銀行カードローンだけしか申込できないのでしょうか。

 

これは2010年に改正された貸金業法が深く関わっています。
2010年以前は消費者金融や信販会社でも専業主婦の借入はできていました。
夫の収入を世帯収入と考えて、仕事を持たない専業主婦でも問題なく借入ができていたのです。

 

しかし、2010年に貸金業法が改正され、総量規制の中の配偶者貸付けについての法律が厳しくなってしまいました。
専業主婦が借入をするには新たに、

  • 夫の同意書
  • 夫との婚姻関係を示す書類
  • 夫の収入証明書

などを提出しなくてはならなくなったのです。

 

今まではこういった書類を提出しなくても申込ができたのですが、提出しないと法律違反とみなされてしまいますので、提出は必須事項です。
しかしこれらの書類を揃えるのは簡単なことではありません。
夫の内緒で借りたいという専業主婦が多い中、同意書を得るのは至難の業です。
夫との婚姻関係を示す書類は役所に行って取り寄せしなくてはなりません。

 

収入証明書も夫が管理していると、なかなか手に入りにくいものです。
これらの書類を揃える専業主婦の方も大変ですが、書類を確認するキャッシング会社側も大変な作業になります。
一つでも書類がかけてしまえば法律違反になりますから、最悪業務停止などに追い込まれる可能性もあるからです。

 

このように、専業主婦の借入の手続きがかなり煩雑になるということを踏まえて、貸金業法に基いて営業をしている消費者金融や信販会社は専業主婦の借入を禁止してしまったのです。

 

今でも法律上は専業主婦でも借入はできるのですが、結果このような形になっています。
キャッシング会社というと、消費者金融や信販会社を思い浮かべる方が多い中、そういったメジャーなキャッシング会社からお金を借りられないという専業主婦の方があふれて、当時は大きな社会問題にもなりました。
しかし、専業主婦にとって強い味方になる銀行カードローンが現れたのです。

 

銀行が運営している銀行カードローンは銀行法に基いて営業をしています。
先ほどの貸金業法とは何ら関わりがないため、専業主婦の借入も面倒な書類を提出することなくできるのです。
しかも銀行が運営をしているという安心感も魅力的で、今申込をする方がとても増えてきています。
借りていることを誰にも知られたくないという方が多いので、専業主婦カードローンWOMAN|主婦に人気!バレずに安心即日借入というサイトもあり人気の様です。

 

銀行カードローンの中でもお勧めなのが、

  • 三菱東京UFJ銀行「バンクイック」
  • 新生銀行カードローン「レイク」

です。

 

どちらも街を歩けば支店を見かけるというくらい、知名度抜群の大手銀行です。
申込方法も多種多様に揃えられていますが、最もお勧めなのがインターネット申込です。
どちらの会社もホームページから申込ができるようになっています。

 

申し込む時間帯によっては、インターネット申込でも即日融資も可能なほどスピーディーに対応してくれます。
この機会に総量規制対象外の銀行カードローンに申し込んでみてはいかがでしょうか。